志望動機で推薦入試を突破

勉強

推薦入試では志望動機がとても大事

志望動機は推薦入試においてとても大切です。志望動機の書き方一つで面接での印象も変わってくるので、完成度の高い志望動機を提出することは合格の大きな鍵となるのです。推薦入試を受ける人たちはみんな割りと上手な志望動機を書いてくるので、標準以上のものを書く必要があります。

例文を参考に書き進めよう

インターネットで志望動機の例文などをいくつか探してみましょう。それから自分に合っていると思うものを一つ選んでください。その例文の内容を自分の状況に置き換えて志望動機を書いてみるというところから、作成を進めていきましょう。普段文章を書き慣れていない人がいきなり構成を考えながら上手な文章を書くことは難しいので、例文を参考にした方がよいです。その文章を周りの人に読んでもらい、分かりにくい点などを指摘してもらいながら、何回も推敲を重ねましょう。

新着情報

[PR]

小論文の添削を相談
即日受講が可能!

推薦入試の基礎知識を解説☆
受験を成功させたいならcheck♪ 名古屋で評判の医学部予備校!
大学受験を成功させよう♪ 東京で人気の医学部予備校へ
受験合格を目指そう

志望校の特色をしっかりと押さえておこう

志望動機を書くときに、その学校の特色を理解していのるかしていないのか、ということは大きな判断基準になり得ます。志望動機の中に、その学校の特色とそぐわないような内容を書いてしまうといったことがないように注意が必要です。志望動機の中に、その学校の特色を理解していることが相手に伝わるような文章を1文は入れると合格に近づきます。

推薦入試で合格した人に志望動機のポイントについて聞いてみました!

相手に伝わりやすい文章を書くことが原則

推薦入試を受けると決めたときに志望動機がかなり重要だと聞いたので、志望動機の文章は頑張って考えました。特に気をつけたポイントとして、読み手側に伝わるような文章を心がけました。文章は自分では筋が通っていると思っても、意外と人に伝わらないことが多いので、なるべくシンプルな表現を使うように気をつけた方がいいと思います。回りくどい言い方は絶対に止めたほうがいいです。あと、伝えたいポイントは絞りましょう。自分の得意なことがある場合、全部を伝えるというよりは、一つか二つを掘り下げて書くようにした方が、相手にとってわかりやすい志望動機となります。何回も書き直し、近くにいる人や先生に読んでもらい、足りない点を指摘してもらうといいですよ。たくさんの人の意見を取り入れることで、どんな人が読んでもわかりやすい文章を書くことができます。

段落分けをしっかりと行おう

志望動機を何文字くらい書かなくてはいけないかというのは学校によって違うと思いますが、内容によって段落をしっかり分けることが大事だと思います。内容が区切られていない文章は志望動機としてはよくないとネットに載っていたので、自分は段落を4つに分けて書くことにしました。それぞれどのような内容を書くかしっかりと決め、同じような文章が重複しないように気をつけながら書くと完成度が高い志望動機ができると思います。内容がしっかりと区切られている文章が作れたなら、それぞれの文章が綺麗に繋がっているかを意識してみましょう。そこまで考えて書けば、確実に合格に繋がる志望動機になっていると思います。

[PR]

広告募集中